· 

窓を考える~断熱~

窓は光を取り込んだり、風を通したりと住む上でなくてはならないものです。

しかし、断熱を考えた場合、壁などの断熱材と比較すると弱い部分でもあります。

夏場は窓からの熱の流入割合が73%・冬場は熱の流出割合が58%と、屋根・壁・床に比べて断然高いんです!

最近では冬場によく聞かれるようになったヒートショックも窓から暖かい空気が逃げてしまい室温が変化することによって起こります。

温度差が10度以上になるとヒートショックは起こりやすくなると言われています。

お風呂場に暖房器具をおいて、温度差を少なくしたりすることも対策としてあげられています。

また、間取りを工夫することで温度差を軽減することもできます。

これから新築やリフォームをお考えの方は間取りの工夫と共に窓の断熱についてもぜひご検討・ご相談ください。